情報システム科

情報システム科

ビジネスにおけるコンピュータ利用技術についての学習を専門的に行う学科です。
「情報処理」「ビジネス情報」「プログラミング」「電子商取引」などの専門科目を学び、最新のコンピュータ機器を使ってビジネスに関するさまざまな情報を処理・加工・活用する技術の習得と、情報システムの設計・構築するスペシャリスト育成を目指します。

情報システム科の教育課程(カリキュラム)

平成29年度4月入学生の場合
情報システム科カリキュラム

情報システム科の専門科目について

1年次

科目 内容 目標とする検定
情報処理
(3単位)
表計算ソフトの学習を中心に、コンピュータの基礎から応用までを学びます。2年次から専門科目の土台となる科目になります。 9月 全商3級
1月 全商2級

2年次

科目 内容 目標とする検定
プログラミング
(3単位)
プログラムをつくる学習を行います。プログラムとはコンピュータに処理してほしいことを順序良く指示していくことです。学習するプログラミング言語はJava言語になります。 9月 全商2級
1月 全商1級
ビジネス情報
(2単位)
1年次に学習した情報処理の知識をもとに表計算ソフトの学習をさらに深めていきます。全員が全商1級の合格を目指して学習を進めていきます。 9月 全商1級
1月
ビジネス情報管理
(2単位)
企業の組織、経営戦略、法務など経営に関する内容を学習し、企業内において情報通信ネットワークを構築し運用するための知識技術を習得します。 2月以降
ITパスポート試験

3年次

科目 内容 目標とする検定
ビジネス情報管理
(2単位)
2年次の学習を実践していくため、データベースソフトを利用してシステム開発の演習を行います。 ITパスポート試験
電子商取引
(2単位)
楽天IT学校に参加します。楽天市場の担当者と実際に楽天市場に出店している会社の担当者より10回の講義を受け、Webページの作成を行います。
課題研究
(3単位)
商業に関する課題を設定し、その課題の解決を図る学習をとおして、専門的な知識と技術の深化を目指します。興味・関心、進路希望等に応じて選択することができます。